• 自然の香り、色、音、触感が心を整える

    自然の香り、色、音、触感が心を整える

  • 自然から学ぶ生きる知恵

    自然から学ぶ生きる知恵

  • 精油は植物から採れる自然からの贈り物

    精油は植物から採れる自然からの贈り物

  • セラピストは「お客様を思う」アロマトリートメントを常に大事にしています

    セラピストは「お客様を思う」アロマトリートメントを常に大事にしています

  • 誰のために学びますか?

    誰のために学びますか?

  • 学びと交流の場所

    学びと交流の場所

  • ママ向けの出張アロマ講座(和光市)

    ママ向けの出張アロマ講座(和光市)

ごあいさつ

紀元前3000年頃から、人類は宗教的な儀式や祭礼で香りのする

木を焚いていました。

古代エジプトでも儀式の際に、植物をオイルに漬け込んだものを薫香として焚いていました。

香木を火にくべたり、薫香の際に漂う香りを嗅ぐことで気持ちがすーっと

落ち着いたのかもしれません。

日本でも590年頃、淡路島に漂着した沈香が聖徳太子に

献上されたといわれています。

平安時代には貴族がたのしむ「お香」が普及し、室町時代には「香道」が

じまりました。

光源氏も織田信長も徳川家康も「香り」を自らのために利用していました。

植物の香りを人間に取り入れた知恵、昔の人々も自然の中に生かされていること、

守られていることを知っていたのかもしれません。

私達には自然と共生できる環境を

守っていく義務があり、

その先に「自然から学ぶ生きる知恵」を得られるのかもしれません。